• Welcome to our HOME PAGE !!

    当講座は平成20年度に開設された研究室です。

    なお、このホームページは主に本学の学生さん向けに作成しています。

    フィクションです。CD等の販売はしていません。

    Information

    2021.04.07  当講座の卒業生に新入学生の前で講演してもらいました。

    2021.03.19  10期生が卒業しました。

    2021.03.03  Instagram 始めました。

    2021.01.16  毎日新聞で当講座の紹介記事が掲載されました。

    2020.07.15  10期生の卒業研究発表会が行われました。

    2020.03.19  9期生が卒業しました。

    2020.02.12  富田林市立第二中学校の学生さんに調剤体験をしてもらいました。

    2019.10.02  11期生の講座配属が決まりました。

    2019.05.02  令和元年初のBBQに行きました。

    2019.04.30  平成最後のスポーツ大会をしました。

    2019.03.02  1~10期生で同窓会を行いました!

    2018.04.02  H30年度より教員枠が増えました。

    2015.08.28  講座ホームページをリニューアルしました。

  • Instagram

    Instagram 始めました。最新のイベント等はこちらで更新しています。是非フォローして下さい!

    上のアイコンをクリックして下さい。
    QRコードはこちら
  • 研究テーマ

    ー研究の背景となる科目ー

    医薬安全情報学、臨床薬学、薬物動態学、薬理学 など

    1.薬物相互作用の予測とその回避に関する研究

     薬物相互作用は、薬剤師が医療現場で最も多く直面する問題のひとつであり、予期せぬ副作用が出現したり、期待した治療効果が現れないことがあります。そこで、薬物相互作用と用法・用量との関連性、相互作用の発現機序、さらにはそれらの回避方法などを追求したいと考えています。

     具体的には、ラットに薬物を投与し、それらの血中濃度を測定して体内動態変動の有無を調べたり、組織中の薬物代謝酵素やトランスポーターの働きや発現量の変化を見ていきます。相互作用を起こし得るものとして抗がん剤、経腸栄養剤やサプリメントなどがあると考えています。血中薬物濃度またはその代謝物濃度の測定が重要となるため、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)などの機器を用いて実験を行っています。

    2.抗がん剤の効能および副作用に影響を与える物質の探索に関する研究

     医療現場では、がん化学療法を施行した場合、十分な効果が得られない、あるいは重篤な副作用を生じるなど様々な課題に遭遇します。本研究では主に天然化合物に着目して、各種抗がん剤の効能または副作用に影響を与える物質を探索します。このテーマでは培養細胞を用いた実験系とラットやマウスを用いた実験系があります。

     具体的に、細胞や組織の障害性は臨床検査値や組織染色画像などで評価していきます。それと同時に、アポトーシスの促進や抑制に関連する遺伝子やタンパク質の発現量の変化をreal-time PCR法やWestern blot法などで評価し、必要に応じてそのタンパク質の活性も評価していきます。

    3.適切な調剤と医薬品の適正使用に関する研究

     臨床では、正確で迅速な調剤のみならず適正使用のため医薬品の有効性と安全性を保証することが必要とされています。そこで、医療現場から聞こえてくる問題点に耳を傾け、実際にその場で使用されている医薬品の品質を確保する目的で、分光光度計などのいくつかの分析機器を使用して、薬物試料の物性や安定性などを調べています。

  • 研究業績

    当講座で発表された論文などを紹介しています。下線は当講座の卒業生または在校生です。

    多くの学生さんの研究成果が、世界的に認められて情報発信されています。

    「Pubmed」という科学情報検索サイトで検索してみて下さい。

    学術論文

    2015年~現在

    1. Nagai K, Fukuno S, Miura T, Uchino Y, Sehara N, Konishi H.  Reduced cytotoxicity in doxorubicin-induced HepG2 cells pretreated with menthol due to up-regulation of P-glycoprotein. Pharmazie, 75, 510-511 (2020).
    2. Nagai K, Fukuno S, Yamamoto K, Omotani S, Hatsuda Y, Myotoku M, Konishi H. Down-regulation of organic cation transporter 1 and breast cancer resistance protein with the induction of Pregnane X receptor in rat kidney impaired by doxorubicin. Pharmazie, 74, 744-746 (2019).
    3. Fukuno S, Nagai K, Yamamoto K, Tanimura T, Nabe T, Konishi H. Pharmacokinetic interference of doxorubicin with tolbutamide due to reduced metabolic clearance with increased serum unbound fraction in rats. Biopharm Drug Dispos, 40, 225-233 (2019).
    4. Fukuno S, Nagai K, Fujiike M, Sasaki Y, Konishi H.  Conflicting alterations in hepatic expression of CYP3A and enzyme kinetics in rats exposed to 5-fluorouracil: relevance to pharmacokinetics of midazolam.  Xenobiotica, 49, 1470-1477 (2019).
    5. Nagai K, Fukuno S, Omachi A, Omotani S, Hatsuda Y, Myotoku M, Konishi H. Enhanced anti-cancer activity by menthol in HepG2 cells exposed to paclitaxel and vincristine: Possible involvement of CYP3A4 downregulation. Drug Metab Pers Ther, 34, /j/dmdi.2019.34.issue-1/dmpt-2018-0029/dmpt-2018-0029.xml. (2019).
    6. Fukuno S, Nagai K, Horii A, Yamamoto K, Konishi H. Pharmacokinetics and metabolic elimination of tolbutamide in female rats: Comparison with male rats. Biopharm Drug Dispos, 39, 321-327 (2018).
    7. Nagai K, Fukuno S, Otani K, Nagamine Y, Omotani S, Hatsuda Y, Myotoku M, Konishi H. Prevention of Doxorubicin-Induced Renal Toxicity by Theanine in Rats. Pharmacology, 101, 219-224 (2018).
    8. Fukuno S, Nagai K, Kasahara K, Mizobata Y, Omotani S, Hatsuda Y, Myotoku M, Konishi H. Altered tolbutamide pharmacokinetics by a decrease in hepatic expression of CYP2C6/11 in rats pretreated with 5-fluorouracil. Xenobiotica, 48, 53-59 (2018).
    9. Fukuno S, Nagai K, Yoshida S, Suzuki H, Konishi H. Taurine as a protective agent for 5-fluorouracil-induced hepatic damage related to oxidative stress. Pharmazie, 71, 530-532 (2016).
    10. Nagai K, Fukuno S, Suzuki H, Konishi H. Higher gene expression of CYP1A2, 2B1 and 2D2 in the brain of female compared with male rats. Pharmazie, 71, 334-336 (2016).
    11. Nagai K, Fukuno S, Oda A, Konishi H. Protective effects of taurine on doxorubicin-induced acute hepatotoxicity through suppression of oxidative stress and apoptotic responses. Anticancer Drugs, 27, 17-23 (2016).
    12. Nagai K, Yoshida N, Kiyama M, Kasahara K, Yamamura A, Konishi H. Decreased elimination clearance of midazolam by doxorubicin through reductions in the metabolic activity of hepatic CYP3A in rats. Xenobiotica, 45, 874-880 (2015).
    13. Nagai K, Oda A, Konishi H. Theanine prevents doxorubicin-induced acute hepatotoxicity by reducing intrinsic apoptotic response. Food Chem Toxicol, 78, 147-152 (2015).
    14. Nagai K, Suzuki S, Yamamura A, Konishi H. Change in pharmacokinetic behavior of intravenously administered midazolam due to increased CYP3A2 expression in rats treated with menthol. Biopharm Drug Dispos, 36, 174-182 (2015) .

    2010年~2014年

    1. Nagai K, Yoshida S, Konishi H. Gender differences in the gene expression profiles of glucose transporter GLUT class I and SGLT in mouse tissues. Pharmazie, 69, 856-859 (2014).
    2. Konishi H, Iga I, Nagai K. Underestimation of rat serum vancomycin concentrations measured by an enzyme-multiplied immunoassay technique and the strategy for its avoidance. Drug Test Anal, 6, 350-356 (2014).
    3. Nagai K, Konishi H. Effect of fluoxetine and pergolide on expression of nucleoside transporters and nucleic-related enzymes in mouse brain. Fundam Clin Pharmacol, 28, 217-220 (2014).
    4. Nagai K, Nogami S, Egusa H, Konishi H. Pharmacokinetic evaluation of intraperitoneal doxorubicin in rats. Pharmazie, 69, 125-127 (2014).
    5. Nagai K, Inoue T, Konishi H. Increased gene expression of glucose transporters in the mouse brain after treatment with fluoxetine and pergolide. Drug Res (stuttg), 64, 389-391 (2014).
    6. Konishi H, Morita Y, Mizumura M, Iga I, Nagai K. Difference in nephrotoxicity of vancomycin administered once daily and twice daily in rats. J Chemother, 25, 273-278 (2013).
    7. Nagai K, Konishi H. Protection of theanine against doxorubicin-induced acute cardiac toxicity. Biomed Prev Nutr, 3, 197-199 (2013).
    8. Nagai K, Konishi H. Expression of nucleoside transporter in the mouse testis and ovary. Am J Biochem Biotechnol, 9, 448-452 (2013).
    9. Konishi H, Fukushima K, Sudo M, Sumi M, Minouchi T, Iga I, Shibata N, Yamaji A. Effect of blood decrease on micafungin disposition in rats. Eur J Drug Metab Pharmacokinet, 36, 35-39 (2011).
    10. Konishi H, Fukushima K, Saotome T, Hamamoto T, Eguchi Y, Sudo M, Sumi M, Minouchi T, Iga I, Yamaji A. Impact of plasma exchange on pharmacokinetic disposition of micafungin. Ther Apher Dial, 14, 358-363 (2010).
    11. Konishi H, Fukushima K, Sudo M, Sumi M, Minouchi T, Iga I, Shibata N, Takada K, Yamaji A. Reduced elimination clearance of micafungin in rats with cholestatic hyperbilirubinemia. Fundam Clin Pharmacol, 24, 457-463 (2010).
  • 教員紹介

    大阪大谷大学薬学部医療薬学講座の教員です。詳しくは大学ホームページの教員紹介を参照して下さい。

    なお、メールアドレスは ● を @ に置き換えないとメールが送れないようにしています。

    小西 廣己 Hiroki Konishi

    教授 Professor

    konishih●osaka-ohtani.ac.jp

    長井 克仁 Katsuhito Nagai

    准教授 Associate professor

    nagaika●osaka-ohtani.ac.jp

    福野 修平 Shuhei Fukuno

    助教 Assistant Professor

    fukunosyuu●osaka-ohtani.ac.jp

  • 学生紹介

    当講座に配属された学部生を紹介しています。

    10期生&11期生&12期生

    10期生

    9期生&10期生&11期生

    9期生+1

    8期生&9期生&10期生

    8期生&9期生

    7期生&8期生&9期生

    7期生&8期生

    6期生&7期生&8期生

    6期生&7期生

    5期生&6期生&7期生

    4期生&5期生

    3期生&4期生&5期生

    1期生&2期生

  • イベント

    当講座で行ったイベントの様子♪

  • 外部リンク

    アイコンをクリックすると各ホームページに移動します。

    アイコンのデザインに意味はありません。

    大阪大谷大学

    ホームページ

    大阪大谷大学薬学部ホームページ

    大阪大谷大学

    図書館データベース

    公益社団法人

    日本薬剤師会

    一般社団法人

    日本医療薬学会

All Posts
×